スタッフブログ

放射能について

2011.11.11 放射能の影響について、お客様からよく問い合わせがありますので、改めてこちらで回答させて頂きます。  ハワイウォーターは、逆浸透膜(RO膜)システムという、NASAが開発したろ過システムを使って作られております。  RO膜システムのろ過精度は、0.0001ミクロンで、放射性ヨウ素やセシウムの粒径は0.01~10ミクロン程度と言われていますので RO膜を通過する事が出来ません。  そしてボトリングされ日本に到着したハワイウォーターを、定期的に財団法人食品環境検査協会にて試験しております。 検査の結果、放射性物質は検出されませんでしたので、皆様に安全にお使いいただける事と思います。

■放射性物質検査

 1 http://www.hawaiiwater.jp/wp-content/uploads/2011/11/c5d25ba3d8e29f55314ca41bb5512579.pdf

■放射性物質検査 

 2 また、忍野ウォーターも同様に定期的に、財団法人日本食品分析センターにて試験しております。  検査の結果、放射性物質は検出されませんでしたので、皆様に安全にお使いいただける事と思います。

安全な海外の水~ハワイウォーターならワイレア


トップへ